3D音場収音用マイクロホン

境界音場制御の原理に基づけば、ある領域を取り囲む境界面上の音圧信号を収録し、他の場所で同じように境界面上で音圧信号を再生することができれば、その領域内の音の三次元波面が再現されます。頭部周囲で音場を生成することを目標として、直径約45cmの球面上に均等にマイクロホンを配置するためにC80フラーレン分子構造の形状をマイクロホンフレームとして採用しました。80chの無指向性マイクロホンを、C80フラーレンと同じ形状のフレームの節点に取り付けることにより、80個のマイクロホンが均等配置され、剛健な力学構造のマイクロホンアレイを実現しました。

ページ上部へ戻る